お問い合せ
HOME トピックス朝鮮半島と日本列島の使命悠久の河-和の文化を創造世界の平和と水の偉人イベント出版物研究所の歴史アーカイブス電子書籍















朝鮮半島と日本列島の使命

小松昭夫理事長は2005年、これまでの活動をまとめるために「日本人の使命」(小松理事長講演録に掲載)を作成しました。

その後、ばばこういちキャスターの朝日ニュースター連続出演、2009年2月22日「竹島の日」に開いたシンポジウム「混迷の時代、出雲から陽が昇る」を経て、2010年新春にあたり、小松理事長は挨拶で、日本そして世界のこれからの大きな変動に触れました。「朝鮮半島と日本列島の使命」はそうした理事長の講演をもとに、研究所がまとめた一冊です。

尖閣諸島漁船衝突事件(2010年9月)、 延坪島砲撃事件(11月)、チュニジアのジャスミン革命(2011年1月)から始まる中東情勢の変化、そして東日本大震災と福島原発事故(3月)、ギリシア経済危機、韓国の李明博大統領の竹島独島上陸(2012年8月)、尖閣諸島国有化に端を発して中国で激化した中国の反日デモ、尖閣諸島海域の緊張(9月)と、日本と世界は激動の時を迎えました。

この地域がもつ地政学的使命を知り、書籍が縁になって共に集う仲間が生まれることを念じています。

図書新聞(2011年3月26日)に掲載された書評とともに、掲載します。


※クリックで拡大表示出来ます。

電子書籍データダウンロード

(c) 2012 Human Nature Science Institute