お問い合せ
HOME トピックス朝鮮半島と日本列島の使命悠久の河-和の文化を創造世界の平和と水の偉人イベント出版物研究所の歴史アーカイブス電子書籍

2013 年


2013年8月 出雲から陽が昇るシンポジウム


元慰安婦の李容洙さん(86)と、弁護士会の方々による平和使節団が来県され、研究所ではこれを機会に、「出雲から陽が昇る」シンポジウムを輝く未来を考える女性の会とともに開催致しました。

日 時:2013年8月24日(土) 13:15~ 開演(12:30~ 開場)
第一部:映画「弁護士布施辰治」ダイジェスト上映
第二部:李容洙氏などスピーチ シンポジウム
場 所:小松電機産業株式会社 太陽ホール
参加費:無料

総会には在広島韓国総領事など要人が出席した



2013年9月 世界の平和フィランソロピスト(事業化)20人 オランダ・ハーグ展


カーネギーの寄付によって創設された「平和宮」(オランダ・ハーグ市、国際司法裁判所など国際機関が多数入っている)の100周年記念事業「世界の平和フィランソロピスト(事業化)20人」展に小松理事長が選ばれパネル展示されました。
現地の様子やフィランソロピストなど詳細はダウンロードしてご覧ください。 詳細資料[PDF:1.5MB]
※以下パネル文を翻訳
日本人実業家で、1973年小松電機産業を設立、シートシャッター「門番」とクラウド統合水管理システム「やくも水神」の2つの新産業を興した。1994年人間自然科学研究所財団を設立、治水の偉人「周藤彌兵衛翁」顕彰事業から活動を始めた。
戦後責任を自覚、生命・人類の特性・世界史の視点で「民間外交」を展開、アジアをはじめ世界の戦争と平和記念館を訪問、追悼・献花・寄付を続けている。核大国の中国、米国、露国の影響下にある朝鮮半島と日本列島から世界平和の礎を築くための人道主義的実践はきわめて意義深い。
平和・環境・健康をテーマに多くの国際セミナーを開催。2002年中日英三カ国語「論語」を出版、日中両国政府に贈呈。2008 年中日韓英四カ国語「中国古典名言録」を出版、北京で「国民国連構想」を発表した。2013 年コンセプト映像「出雲から陽が昇る」をYouTube に発表、「和の文化」創造プロジェクトに取り組んでいる。また、ベルタ・フォン・ズットナーの顕彰に努力する日本の中心人物の一人でもある。

 
この開会式にあわせて、ベルタ・フォン・ズットナーの胸像の除幕式も行われました。